読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノの森 ネタバレ 無料

ピアノの森のネタバレ記事を書いています。マンガの内容と無料で試し読みが出来る方法も記載していきます。

ピアノの森 ネタバレ 無料③ 実写

こんばんは。

現在ベトナム出張中のカレンです。

丁度ホテルに戻り、

ホッと一息したところです^^

 

 

ホッとしたときに読みたいのが、

心暖まるストーリー。

 

今夢中になって読んでいるのが、

ピアノの森」というまんがです。

 

作者は一色まことさん。

一色さんのファンも多いですよね^^

私も大好きで必ず読むようにしています。

 

長いと途中飽きる部分もありそうですが、

一色さんのマンガは一話一話に

とても意味があって飽きさせません。

 

それぞれの登場人物の心が、

とても細かく描かれています。

 

まんが王国

※「ピアノの森」で検索すると試し読みできます。

 

東京から転校してきた雨宮修平。

修平は4歳からピアノを習っており、

ピアニストを目指しています。

 

転校初日にいじめっ子に絡まれた

修平を助けたのが一ノ瀬海(カイ)。

 

いじめっこと海は音楽室で、

喧嘩を始めるのですが、

途中で音楽教師の阿字野先生がきて、

一旦喧嘩は収まります。

 

この喧嘩の言い合いの中で、

いじめっ子に自分の母を

「インバイ(淫売)」呼ばわりされ、

一人ピアノの下で泣く海。

 

泣いている海がいることを知りつつ、

阿字野は「茶色の小瓶」という

曲を弾き始めます。

 

海は曲が耳に入ると泣き止み、

暫く阿字野の演奏に耳を傾けるのですが、

阿字野のピアノタッチのミスに気付きます。

 

演奏を辞めた阿字野に、

ミスをした箇所を全て言うと、

阿字野は海の発言が当てずっぽうで

ないことが分かり驚きます。

 

森にあるピアノは

壊れているけど、

海が弾くと音がでる。

 

純粋な心をもつ海と、

ピアノを取り巻く人々の

心温まるストーリー。

 

演奏したことがない方も、

クラシックに縁がなかった方も、

ピアノの森」を読むと、

何故か弾いてみたくなります。

 

試し読みが無料でできます。

会員登録は不要ですので、

まずはチェックしてみてくださいね。

この感動は少し読むだけで、

伝わると思っています。

おすすめです^^

 

>>まんが王国<<

※「ピアノの森」で検索くださいね。